直毛で柔らかいがハリがあり量が少ない場合


P1020561_R.jpg

Before

「直毛、やらかいがハリがある、量は少ない」という髪質
直毛でハリがあるのでハネやすく、カットの粗が出やすいタイプ
量が少ないのでその特徴が強く出ます

希望はショートですが、こういった髪質の場合難しく、
ハネまくる上にペッタンコになり貧相になります
パーマも当たらない髪質なのも厄介な所

ですので、毛先をコテで巻くのが前提ですね
それが嫌ならロングにしといたほうが無難です

無理にショートにして手入れが大変になっては本末転倒です
そういった見極めも大切なポイントです


After

表面と横の部分は巻きました。
カット的にはレザーでカットし髪の間に空間を作っておきました
それにより丸みが出やすくなり、
自分では巻けないえり足などに自然さが出ていますね

こういった髪質は不自然な感じになりやすいので、
ハサミで切るのはご法度です

毛先が揃ってしまい、オカッパのようになりかなりハネますからね

P1020563_R.jpg


「すかないで」は大間違い


「広がるのですかないで下さい」
よく初めて来られる方に言われることです

しかし、
本当は「すかないから広がっている」としたらどうでしょう?

ハッキリ言いますが、すくとハネるのはカットが下手くそだからです
実はすかないとキレイなヘアスタイルにはなりません

「すかないで」というのは「カットを途中で終わりにして下さい」
と同じことです

毛先の動き、キレイなシルエット、ウネリやハネをなくす
これらはすかないと出来ないことなんです

証拠をお見せします

P1020723_R.JPG

Before

髪質的には傷みやすく広がりやすい方です
全くすかれていない状態です


ボブですがイビツな形になっており、自然さが全くありません
ただ重いだけです

これで収まってるといえるでしょうか?
美しいヘアスタイルといえるでしょうか?

全く違うと思います

P1020722_R.JPG

P1020724_R.JPG

カットのみですいていない状態

長さを少し切りました。まだすいていません
少しイビツさはとれましたが動きもないですし形も悪いです


「すかない」ならココで終わりです
ヘアスタイルとして成り立っているとはいえません

カットのモチも悪く、セットしても決まりません

動きがあり、シルエットがキレイでウネリやハネをなくすなら
ここからすく必要があります

P1020725_R.JPG

P1020727_R.JPG

After

すいた後です。
動きがでてシルエットもメリハリがつきました

膨らみやウネリもとれています


「すく」というのは量を減らすためにするのではありません
ヘアスタイルが決まれば、すく量も自動的に決まってきます

そのヘアスタイルにするために、結果的に量がなくなるだけです
量を減らすためにすくことはありえません

量を減らすためにすくとヘアスタイルのバランスが崩れてしまい、
ハネたりうねったり、時にはスカスカになるのです

実はカットで難しいのはこの「すく」という技術なのです

長さを切るのは料理で言うと食材を並べただけの状態です
調理しないと食べれませんし、調理をミスると台無しですよね

カットの「すく」もコレと同じなのです

P1020728_R.JPG

無計画なカラーで傷んでしまい広がる場合


P1020565_R.jpg

Before

カラーの繰り返しで傷んでしまい、かなり広がる状態です
無計画なカラーは悩みの原因になります

元々の髪質が広がりやすいのでダメージがさらにそれを強調します
こうなってしまうと、ヘアスタイルは作れませんので
邪魔になる部分をカットしてしまうのが一番です


After

ボブ系のヘアスタイルなので全体をやわらかくカットします
しっかり切り過ぎると、カチっとした感じになります
女性らしさがなくなるのでNGですね

P1020566_R.jpg


P1020568_R.jpg

スタイリング後

そのままワックスなどで仕上げてもいいですが、巻いて仕上げました
この程度のカール感ならパーマでも出すことが出来ます


女性のショートカットの極意


P1010568_R.JPG

Before

女性のショートカットは難しいです

短い方が骨格の粗が出るのでまとまらなかったり
バランスが悪くなってしまうことが多く、男っぽくなってしまうことも

女性と男性のショートカットには大きな違いがあります
長さとかそういったことではありません

いかに丸く切れるか?

これがポイントです
わずか3ミリの差で男みたいになってしまうのです


After

男性ならそこまで短く感じない長さですが、
女性なら冒険な長さではないでしょうか?

直線的ではなく、丸みがあるのがわかりますか?
わずか3ミリの丸みの差の積み重ねでできる形です

美容師なら誰でもできるものではありません
本物のカットが出来る美容師しかできません

P1010571_R.JPG


フレンチカットグランの失敗の修正


P1020523_R.jpg

Before

1週間前にどこかでカットした方です
当店は他店でのカットの修正が非常に多いです

フレンチカットグランをしたそうですが、全然まとまらなくてご来店
道具に頼ってもいい結果はでません
所詮道具は道具ですからね

人間の髪はインスタントのカップラーメンではありません
「コレを使えば理想の髪になれる」なんて幻想です

傷まない矯正、パーマ、髪が直るトリートメント
オーガニックだからいい

そんなものすべて嘘です
商品ではなく、使いこなす人間で決まるのです

使い手のレベル以上の結果はでませんし、
本人の髪質以上の結果はありえません


After

1周間前にカットしてますが、すべて切り直しました
長さは殆ど切っていませんが、ほんの少しの差でここまで変わります

道具ではなく、使い手のレベルで決まるのです
フレンチカットグランをすれば必ずまとまるなんてありえません

道具をちゃんと理解しないと逆効果になることも多いのです

P1020526_R.jpg


「クセ毛をいかす」そんなカットはございません


P1020502_R.jpg

Before

クセの強い方です。髪は柔らかく、スキすぎで穴が開いてます
スキばさみの使い方が悪いとこうなります

毛がないので直しようがないですが、
髪質的にクセを生かせそうなのでそれでごまかします


After

「クセをカットで生かしてほしい」とよく言われますが
そんなカットはありません。

生かせるかどうかはクセ次第です
「内巻きになるカット、クセを生かすカット」そんなものはないのです

切ってみてキレイに収まるかどうか?それは髪質で決まるんです
カットの技術や切り方でどうこうは出来ません

そんな時のためのブローや矯正です

カットは所詮、ヘアスタイルの土台でしかありません
全ては髪質とスタイリングで決まります

土台がしっかりしてれば、スタイリングが楽になります

P1020503_R.jpg


カッパみたいになった髪の修正


P1020552_R.JPG

Before

縮毛矯正とカットが原因でカッパのようになってしまった方
元々ストレートの方や生え方でカッパみたいになりやすい方がいます

カットが原因でなる場合が多く、
殆どの場合、一度のカットでは修正出来ません
直すまでに半年ほどかかります

髪質的には直毛で細く、柔らかいタイプの方です
こういったタイプはカッパになりやすいので要注意ですね


After

4ヶ月後です。その間、2回当店でカットしました
髪質的に無理なこともありますが、ちゃんと切れば丸みが出ることも多いです

今回の方はキレイに丸みが出るタイプでした
ビフォーと比べるとかなり違いますね

P1020529_R.jpg


P1020583_R.JPG

後日、ショートっぽいニュアンスに変更してみました
短くなればなるほど丸みは出にくくなりますが、
ここまで短くしても丸みを出すこともできました

髪質も大きく関わってきますが、カットが重要なのは間違いありません


安易な矯正は地獄への片道切符


「ハネる、膨らむ」それだけで矯正してしまう方も多いようです
しかし、矯正がハネや膨らみの原因だとしてもやりますか?

勘違いされやすいのですが、矯正してもハネや膨らみはとれません
クセが原因でハネたりするからではないからです

クセというものは
1 髪の曲がり
2 毛根の向き
3 髪の表と裏
4 頭の形
5 髪の断面図

以上の5つの原因からおこるものです

矯正は髪の曲がりをとるだけです
あとの4つの原因は矯正ではどうにもなりません

なので矯正してもハネたり膨らんだりすることがあります

P1020541_R.jpg

Before

見ての通りうねっており、矯正したくなりますよね
しかしよく見ると原因はクセではありません

まずはカット
切り方が汚いのでうねって当たり前です

次に毛根の向きです
色んな方向に生えてるので矯正するとかなりハネます
うねりも毛根の向きが原因です


After

カットして手で乾かしただけです。矯正しなくてもいけそうですよね

ここで矯正していたらかなりハネるところでした
毛根の向きは結構厄介で、髪が直毛になればなるほどハネます

当店の基準では無駄な矯正をされている方はかなり多いですね
縮毛矯正はあくまで最終兵器だと思って下さい

安易に手を出すものではありません。

P1020542_R.jpg


矯正で失敗されやすい髪質


P1020554_R.jpg

Before

矯正で失敗されてしまい、「当店で見て欲しい」という方が後を絶ちません
実は失敗されやすい髪質があります

白髪染めしている方と、髪がやらかい方です
どっちにも当てはまる方はかなり危ないです

白髪染めや髪がやらかい方は薬に髪が耐えられないのです
その結果、チリチリになったり
カッパみたいにまっすぐになることが多いようです

今回のケースは白髪染め、軟毛、痛みはかなりある方です


After

仕上がりです
かなり弱い薬をつかいましたが、それでも十分すぎるぐらいでした
他は特に変わったことはしていません

低温だとか傷まない薬だとか、そんなものはなんの意味もありません
どーでもいいのです

そんな事は手段にしか過ぎないわけで、
結果がキレイになればなんだっていいのですよ

この方法なら安全だ! そんな事はありえないのです
全てはやる人間のレベルです

低温矯正、超音波矯正、酸性矯正、トリートメント矯正
そんなものに振り回されているうちは3流どころか10流以下です

当店のスタッフは1,5流なのでそんなモノには振り回されません

こんなもの料金を上げるための口実ですよ
使い所もわからないのにこんなもの使うから髪がチリチリになるんです

とはいえ、すべてがそうなわけではないですよ

商売ですから宣伝で大きなことぐらい誰だって言います(笑)
上記のようなことを謳っていてもしっかり結果を出す本物もいます

そこはあしからず

P1020555_R.jpg


ホームカラーは脱法ドラッグです


P1020514_R.jpg

Before

ホームカラーは非常に厄介です
髪の状態が場所ごとにバラバラになるので薬の調節ができません

ホームカラーされている場合、結果には必ず妥協していただきます
そしてノークレーム、無保証とさせていただきます
やり直し、返金、謝罪などには一切応じません

以上をご理解いただかないと施術いたしません
何が起こるかわからないからです


ホームカラーの繰り返しで髪が切れてしまっています
染まりもムラになってるので痛み具合もムラムラです

薬に耐えれるかかなり不安です

P1020515_R.jpg

P1020516_R.jpg

Before

なんとかここまではできました
正直、ここまで行けるとは思ってなかったです

要は運が良かっただけとも言えます


中は伸ばせませんでした
髪が限界だったので途中で薬を流したからです

これ以上は当店のレベルでは無理です

ホームカラーは大変便利で安いですよね
ですので使いたくなる気持ちはわかります

そして、ダメとは言いません
が、無理なものは無理とこちらも言わせていただきます

それが安全の為ですのでご理解ください

P1020517_R.jpg